Arihara
Noriaki
在原 教朗
デザイン室
デザイナー

2012年入社
 

多様性のなかで培うデザイナーの視野

Web知識ゼロで始まったデザイナー生活

 デザイン室所属のデザイナーとして、VAM Div.(以下VAM)専任でデザインを担当しています。前職までは紙媒体を中心にデザイン制作をしていたのですが、スマートフォンのサービスやアプリ等のデザイン制作への興味が高まり、新たな領域への挑戦として入社を希望しました。
 
 入社後に任されたのはソーシャルゲーム部門のデザイン。いざ仕事が始まったものの、それまでソーシャルゲームはおろかWebに関する知識もほとんどなかったので、最初は慣れるのに精一杯でした。

事業撤退がスキルアップのターニングポイントに

 ようやく慣れていくつかの業務をこなした頃、ゲーム事業の撤退が発表されてデザイン室に異動することになりました。部署解体というショッキングな出来事に戸惑いはありましたが、振り返ってみると良いターニングポイントだったと思います。
 
 その時の自分は入社してからゲームしか作ってこなかったので、とても視野が狭かった。デザイン室で多種多様な案件や、さまざまな職種のメンバーと仕事し、得意分野以外の業務も数多く経験したことで、知識、技術の向上、仕事の幅も広くなり現在のキャリアにも繋がったと思います。

成長を支えてくれる制度、チャレンジを後押しする社風

 現在はVAM専任のデザイナーとして、主にエンタメ案件全般のデザイン制作やディレクション業務を担当しています。クライアントありきの業務が多いので、デザインのクオリティはもちろん、納品までの過程やその過程におけるクライアントへの対応など、制作物全体のクオリティをいかに上げられるかが常に課題としてあります。

 働く場としてのシーエー・モバイル(以下CAM)は、自分の努力次第でやりたいことにチャレンジさせてもらえる社風なので、とても働きやすいです。
 
 社内制度も充実していて、特に書籍を購入する時にスキルアップ支援制度を頻繁に使用させていただいています。デザイン関連の書籍は高価なので、そこを気にせずに知識や技術向上を行えるというのは入社時からとても魅力的に感じています。

多種多様なメンバーから得られる成長の幅

 デザイナーという職種柄、考え方や感覚をできるだけ柔軟に持っていたいので、常に同じやり方をするのではなく、プロジェクトやメンバーに合わせて自身のスタイルを変えたり、常に新鮮に楽しんで業務に取り組めるよう意識しています。
 
 そしてそういった意識は、デザイナーだけでなくこれから入社する方々にもぜひ持っていてほしいです。CAMは多種多様な案件や職歴、職種の違うメンバーが揃った会社なので、自分の視野を広げるためにも様々なメンバーと積極的に交流してみてください。広い視野を持って何事にも積極的に参加し、挑戦してもらいたいと思います。

Entry

すべての挑戦者へ。
シーエー・モバイルは、新しい事へチャレンジし続ける
あなたの応募をいつでもお待ちしています。

New Graduate 2019年新卒採用
Career 中途採用