Newsシーエー・モバイルからのお知らせ

2017.07.31 (月) 【広報】シーエー・モバイルは本社を移転いたしました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月31日、シーエー・モバイルは本社のオフィス移転を行いました。新たな門出を迎え、真新しいオフィスの雰囲気に新鮮な気持ちと身の引き締まる思いでいっぱいです。全社ではオフィス移転の記念イベントとして、新たな道を切り開くという意味を込め、経営チームによるテープカットを行いました。ある意味、IT企業らしからぬ光景がとても新鮮でした。

当社経営チーム、初めてのテープカットに緊張の様子(笑)

オフィス中央のカフェスペースにて社員で乾杯!(※もちろんノンアルコールでございます笑)

代表石井から社員全員へ移転への想いと今後に向けたメッセージを送ります。

オフィス中央に位置するカフェスペースですが、実は今回のオフィス移転の注力エリアとなっています。

カフェは『Switch CAFE』と名づけられ、社員が集中して業務に取り組むときと、リラックスできるとき、いわゆる「ON」と「OFF」をスイッチできる場を作り出したいという思いを込めて設計しました。

カフェスペースでのミーティングも開放的な環境で笑顔が飛び交います!

社員が利用する『Switch CAFE』!

カフェメニューのリニューアルには社員の声も取り入れています。朝食や小腹が空いたときのアサイーボウル(アサイーに含まれるアミノ酸には脳機能を向上させる効果があります)や、シリコンバレーで飲まれて有名になった完全無欠コーヒー(記憶力・集中力の向上と、朝食を置き換えることでダイエット効果があります)、ざくろ酢チアシード(美容効果ダイエット効果があるざくろ酢と、スーパーフードのチアシードを合わせたもの)など、Concentration、Relax、Healthy、Energyなど、それぞれの効果を狙ったさまざまなドリンクや軽食のメニューが豊富にあり、多くのドリンクは100円~と大変リーズナブルな価格で販売されています。

こちらのドリンクはすべて無料で提供されています。

また、前オフィスの5倍の広さのリラクゼーションスペースをオフィスの中心に配置することで社員の交流の機会を増やすことも可能となりました。登壇スペースや、ミーティングスペースも豊富にあり、社内外でのセミナーや勉強会の開催も可能となります。

80人以上が着席できる開放的なカフェスペース。

その他、今回のオフィスでのこだわりをいくつかご紹介したいと思います。

まず、1つ目は集中する為の新設備として設けられたスタンディングのミーティングスペースです。参加者が立って集中して会議を行うことでダラダラ過ごしながら無駄に会議の時間が長引くことを抑制できます。

スタンディングのミーティングスペース

また窓側の一部には個人作業用のカウンターテーブルも用意されており、デスクを離れて作業に集中したい場合に利用が可能となっています。

2点目は汎用性の効く環境作りです。以前のオフィスでは執務スペースのレイアウトが増改築を繰り返すことでフロアやエリアによって個人デスク、チェアーにバラつきがあったので、今回は各エリア、部署・職種に関係なく共通のデスク、チェアーを設置することで、事業の成長、人員増に合わせたレイアウトに変更しやすい設計になっています。

カフェへ繋がっている執務スペース。

3点目は機能面の強化です。今まで都度持ち運びをしていたプロジェクターを天吊り式の備え付けにしたことで無駄な社員の稼動時間を減らし効率化を実現しています。また、以前のオフィスで頻繁に起こっていた「溢れ返るゴミ箱問題」をなくすために日々のゴミ量を計測し、3倍のキャパシティを持たせる設計をしており、細部にまでこだわりを持ち、より働きやすい環境を意識した造りにしています。

よく出るゴミについては、ゴミ箱の容量を前オフィスの3倍にしています。

今回の移転プロジェクトは1年半以上前から、物件探し、交渉を開始しました。当社では代表の石井が第二創業期として新たな挑戦を社員と重ねる中で、社員が複数階に分かれたフロアで業務を行ったり組織を抱えながらもオフィスが駅から離れた立地にあるなど、オフィスに関するいくつかの課題がありました。それらの課題を解決し、より社員が働きやすい環境を提供し、事業を拡大していきたい、という想いから今回のオフィス移転の計画がスタートしました。

オフィスに求める機能や、社員同士の快適なコミュニケーションのとり方、事業内容が大きく異なる複数の組織をうまく融合させるための最適な社内レイアウトなど、多岐にわたる課題を解決させるためには、社員の意見を反映させることが重要だと考えました。そこで、それらを反映させるためのレイアウトを決めるため、オリジナルの平面模型を作ることにしました。

今回のオフィス移転プロジェクトの責任者であり、オフィス・総務グループのマネージャーである小林が、自らの責任感から進んでクリスマスイヴなどの貴重な休日も返上し、オフィスの平面模型を作成してくれました。

今回の移転では主に執務スペース・カフェスペース・会議室の広さや配置、執務スペースの導線のコンパクトさと快適さの両立、個々のデスクのサイズ調整など、模型をフルに活用して議論を重ねました。

細かな配置の議論は、マチ針を使用します。

議論の甲斐があり納得のいく間取りを完成させることができたと思います。

このたびのオフィス移転に際し、社内だけでなく、外部のパートナー企業の皆様方にも大変お世話になりました。

皆様がプロの目線でアドバイスや提案をくださったからこそ、無事にオフィスを移転することができました。

エントランスにはお取引き様や日頃大変お世話になっている多くの方々よりたくさんのお祝いのお花をいただきました。

お客様をお迎えするために大きなモニターも設置。社員のインタビューやオフィス移転を記録した動画などが流れています。

特に施工をお任せした清和ビジネス様には、契約開始から入居完了まで超短期スケジュールでのお願いをしたにも関わらず無事完遂していただきました。この場をお借りして改めて感謝申し上げます。細部のこだわりを深くご理解くださり、的確なご意見をいただきまして、本当にありがとうございました。

このたびのオフィス移転を機に、私たちシーエー・モバイルの社員はパートナーの皆様を初め、私たちに関わってくださる全ての方々と共に、クライアントやユーザーの皆様に向け、更なる価値を提供すべく日々精進してまいります。引き続き当社の成長に向けた活動にご注目ください。

Entry

すべての挑戦者へ。
シーエー・モバイルは、新しい事へチャレンジし続ける
あなたの応募をいつでもお待ちしています。

New Graduate 2019年新卒採用
Career 中途採用