Niwaki
Katsuya
庭木 勝也
DIY Div.
エンジニア

2012年新卒入社
 

挑戦することは、“人間的深みが増す貴重な機会”

Q1.現在の庭木さんの仕事内容について、教えてください。

 サービスの基盤や社内システムの構築管理・運用全般をやっております。具体的には、AWSやslack等様々な利用アカウントの管理やネットワーク構成の管理の他に、データセンターでサーバーラッキングからOSやミドルウェアのインストールや設定なども行っております。

Q2.シーエー・モバイルへの入社を決意した理由(動機)を教えてください。

 当時ガラケーからスマホへの転換期の就職だったので、挑戦や成長する機会が多くあったため。また、同期になる仲間がとても個性的で勢いがあり、一緒に働くと面白そうだと感じたからです。

Q3.今までの人生で、庭木さんにとって最大の挑戦とはなんですか?

 他社のデータセンターで動いているサービスを自社が利用するクラウド環境に載せ替えること。主としてデーターベースの移管を担当したのですが、他社との調整・作業範囲の切り分けを進めながら、データの損失なく異なるバージョンのデータベースのデータを短期間で移管したことが最大の挑戦でした。

Q4.今まで経験した最も大きな失敗と、それをどう乗り越えたのかについて聞かせてください。

 データ容量を気にして必要なデータとシステムの構成を削除してしまったことです。一旦落ち着き、今ある状況(残った構成・できること・バックアップの状態)を洗い直し、数時間かけてバックアップを利用して復旧しました。良かれと思って実施してしまったのですが、近々で利用するデータだったので血の気が引きました。その事件以降は個人タスクだとしても予定外の作業は単独では実施しないこと、一旦俯瞰して作業の影響範囲を見直すことを実施しております。

Q5.シーエー・モバイルのミッションにおける、庭木さんにしか出来ない挑戦とは何ですか?

 今あるサービスインフラを影から支え、障害や問題が起きた際に解決に向けて全力で注力すること。また、新規サービス・システムの礎を築くことです。

Q6.庭木さんが仕事において大切にしていることや譲れない思いを教えてください。

 技術力でサービスインフラ・社内インフラを支え、事業だけでなく、会社に、社員に、そしてユーザーに貢献することです。

Q7.挑戦し続けることは、庭木さんにとってどんな意味がありますか?

 挑戦した経験により、失敗しても・成功しても、人間的深みが増す貴重な機会として捉えています。やって後悔するほうが、やらないよりも良いと個人的に考えております。

Q8.最後にシーエー・モバイルへ興味を持っていただいている方へ、メッセージをお願いします。

 長期休みや空き時間を利用してを学生のうちにしかできないことに、チャレンジしてみてください! きっとその経験が糧になると思います。

 また、自分の大学の一組織から離れて、勉強会やイベントに参加し、年齢の違う方々とコミュニケーションを取ると、悩みも解決するかもしれませんし、視野も広がると思います。

(公開:2018年2月)

Entry

すべての挑戦者へ。
シーエー・モバイルは、新しい事へチャレンジし続ける
あなたの応募をいつでもお待ちしています。

New Graduate 2019年新卒採用
Career 中途採用