就活を通してみなさんが感じているであろう、ベンチャー企業ならではのカルチャーや制度、採用の“あるある”。実際、シーエー・モバイルの場合はどうなのかを、包み隠さずお伝えします。

採用サイトへ

C.A.MOBILEの場合ベンチャーにとって挑戦は必要不可欠。だからシーエー・モバイルでも、“No Collenge,No Life”という言葉を本年度の採用理念として掲げています。ただし、私たちにとっての挑戦は、目の前の壁を乗り越えたら終わりではありません。またすぐにその先に見える次の壁を見つけ出し、そこに挑んでいく……私たちはそんな働き方、生き方を目指しています。

C.A.MOBILEの場合シーエー・モバイルではスマートフォンサービス周辺の広告事業、占いやアーティストのファンサイト・メディア等の課金事業、IN関連企業への投資事業を主な軸としていますが、84社あるグループ会社の中でもこれだけ複数の事業を次々と生み出している会社は他にありません。将来的にはさらに50個の事業を新たに立ち上げ、それぞれの領域でNo.1を狙っていきたいと考えています。

C.A.MOBILEの場合シーエー・モバイルの実績は18期連続黒字で、売り上げは200億円を超える規模になっています。安定した月額課金の会員費制度など、事業成長が数値として読みやすく、投資計画が立てやすい非常に優れたビジネスモデルを着実に作り上げてきた実績があるからこそ、私たちは今、さらなる領域の拡大に挑み続けることができるのです。

C.A.MOBILEの場合シーエー・モバイルの面接では、面接官に「志望動機が甘いね。」などとダメ出しされることも。それは、採用する側の私たちが「うちで働いてほしい人かどうか。」という目線だけでみなさんを見ているのではなく、「どんな社会人になりたいのか。」「楽しく働くためにはどんな仕事を選べばいいのか。」そんな、みなさんの就活にとって一番大切な自己分析の手助けができたら、と思っているからです。

C.A.MOBILEの場合中には20代もいたり、シーエー・モバイルの役員の平均年齢は31 歳とかなり若め。そのぶん、員との距離も近く、実際に役員と社員が横並びで隣のデスクに座っている部署もあります。最近社内ではプレミアムフライデーを利用して、部署全員で競馬やスポッチャに出かけるのが流行っているのですが、もちろんそんなイベントにも、役員も一緒に参加しています。

C.A.MOBILEの場合「仕事とスポーツの成果には通ずるものがある。
極限のプレッシャーの中成果を上げた一流スポーツ選手の実体験を聞くことが、より大きな挑戦機会へのヒントになるはず。」
という考えの元、石井社長はオリンピック卓球銀メダリストの水谷選手や、柔道3大会金メダリストの野村選手との公開対談を、学生向けに実施!両回共に非常に反響が大きく、今後も各分野で活躍されている方との対談を実施予定。

C.A.MOBILEの場合このあるあるに関しては、他企業と比べてもかなりすごいと思っています。昨年度に入社した新入社員のうち、現時点ですでに5人が事業責任者。過去には最短で25歳で局長に抜擢された社員もいます。新規事業の立ち上げなど、若手社員の「やりたい」「こうしたい」が実現できる環境がシーエー・モバイルにはあります

C.A.MOBILEの場合オフィスは渋谷のど真ん中、マークシティの15階にあります(夜景が綺麗!)。オフィスフロアの一角に設置したカフェでは、本格的なコーヒーやラテが100円から楽しめるので、社内の打ち合わせスペースとして利用したり、休憩に使ったり、社員にとっての憩いの場所になっています。カフェ内に設置された無料の自動販売機は、なんと国内稼働率NO.1!(※メーカー調べ) 

C.A.MOBILEの場合スキルアップのための支援金が年間50万円も出たり(しかもなんと、全社員対象!)、2年ごとに連続16日間のリフレッシュ休暇が取れたり、シーエー・モバイルには社員1人1人が伸び伸びと働けるための福利厚生が整っています。フットサル部からミニ四駆部まで…様々なジャンルが存在する社内の部活動にも、それぞれ補助金を支給しています。

C.A.MOBILEの場合営業職は基本的にスーツですが、全体的に服装はかなり自由です。PC片手にジーパンでうろうろしている社員もいますし、中にはセグウェイで移動している社員までいます(笑)。シーエー・モバイルの社員数は現在400人ちょっと。そのうち約半分が女性ということもあり、オフィスでは日々ファッションやメイクを楽しんでいる女性社員のキラキラとした姿が目立ちます。

就活を通してみなさんが感じているであろう、ベンチャー企業ならではのカルチャーや制度、採用の“あるある”。実際、シーエー・モバイルの場合はどうなのかを、包み隠さずお伝えします。

採用サイトへ

就活を通してみなさんが感じているであろう、ベンチャー企業ならではのカルチャーや制度、採用の“あるある”。実際、シーエー・モバイルの場合はどうなのかを、包み隠さずお伝えします。

採用サイトへ

C.A.MOBILEの場合ベンチャーにとって挑戦は必要不可欠。だからシーエー・モバイルでも、“No Collenge,No Life”という言葉を本年度の採用理念として掲げています。ただし、私たちにとっての挑戦は、目の前の壁を乗り越えたら終わりではありません。またすぐにその先に見える次の壁を見つけ出し、そこに挑んでいく……私たちはそんな働き方、生き方を目指しています。

C.A.MOBILEの場合シーエー・モバイルではスマートフォンサービス周辺の広告事業、占いやアーティストのファンサイト・メディア等の課金事業、IN関連企業への投資事業を主な軸としていますが、84社あるグループ会社の中でもこれだけ複数の事業を次々と生み出している会社は他にありません。将来的にはさらに50個の事業を新たに立ち上げ、それぞれの領域でNo.1を狙っていきたいと考えています。

C.A.MOBILEの場合シーエー・モバイルの実績は18期連続黒字で、売り上げは200億円を超える規模になっています。安定した月額課金の会員費制度など、事業成長が数値として読みやすく、投資計画が立てやすい非常に優れたビジネスモデルを着実に作り上げてきた実績があるからこそ、私たちは今、さらなる領域の拡大に挑み続けることができるのです。

C.A.MOBILEの場合シーエー・モバイルの面接では、面接官に「志望動機が甘いね。」などとダメ出しされることも。それは、採用する側の私たちが「うちで働いてほしい人かどうか。」という目線だけでみなさんを見ているのではなく、「どんな社会人になりたいのか。」「楽しく働くためにはどんな仕事を選べばいいのか。」そんな、みなさんの就活にとって一番大切な自己分析の手助けができたら、と思っているからです。

C.A.MOBILEの場合中には20代もいたり、シーエー・モバイルの役員の平均年齢は31 歳とかなり若め。そのぶん、員との距離も近く、実際に役員と社員が横並びで隣のデスクに座っている部署もあります。最近社内ではプレミアムフライデーを利用して、部署全員で競馬やスポッチャに出かけるのが流行っているのですが、もちろんそんなイベントにも、役員も一緒に参加しています。

C.A.MOBILEの場合「仕事とスポーツの成果には通ずるものがある。
極限のプレッシャーの中成果を上げた一流スポーツ選手の実体験を聞くことが、より大きな挑戦機会へのヒントになるはず。」
という考えの元、石井社長はオリンピック卓球銀メダリストの水谷選手や、柔道3大会金メダリストの野村選手との公開対談を、学生向けに実施!両回共に非常に反響が大きく、今後も各分野で活躍されている方との対談を実施予定。

C.A.MOBILEの場合このあるあるに関しては、他企業と比べてもかなりすごいと思っています。昨年度に入社した新入社員のうち、現時点ですでに5人が事業責任者。過去には最短で25歳で局長に抜擢された社員もいます。新規事業の立ち上げなど、若手社員の「やりたい」「こうしたい」が実現できる環境がシーエー・モバイルにはあります

C.A.MOBILEの場合オフィスは渋谷のど真ん中、マークシティの15階にあります(夜景が綺麗!)。オフィスフロアの一角に設置したカフェでは、本格的なコーヒーやラテが100円から楽しめるので、社内の打ち合わせスペースとして利用したり、休憩に使ったり、社員にとっての憩いの場所になっています。カフェ内に設置された無料の自動販売機は、なんと国内稼働率NO.1!(※メーカー調べ) 

C.A.MOBILEの場合スキルアップのための支援金が年間50万円も出たり(しかもなんと、全社員対象!)、2年ごとに連続16日間のリフレッシュ休暇が取れたり、シーエー・モバイルには社員1人1人が伸び伸びと働けるための福利厚生が整っています。フットサル部からミニ四駆部まで…様々なジャンルが存在する社内の部活動にも、それぞれ補助金を支給しています。

C.A.MOBILEの場合営業職は基本的にスーツですが、全体的に服装はかなり自由です。PC片手にジーパンでうろうろしている社員もいますし、中にはセグウェイで移動している社員までいます(笑)。シーエー・モバイルの社員数は現在400人ちょっと。そのうち約半分が女性ということもあり、オフィスでは日々ファッションやメイクを楽しんでいる女性社員のキラキラとした姿が目立ちます。

採用サイトへ