Tokuyama
Takuya
渡久山 拓也
VAM Div.
エンジニア

2014年新卒入社
 

クオリティを高める「楽をしたい」働き方

コミュニケーションが仕事の良し悪しを決める

 逆求人というイベントで出会うまで、シーエー・モバイル(以下CAM)についてはあまり知りませんでした。サイバーエージェントのグループ会社かな、という印象だったのですが、逆求人でCAMの方とお話する機会があり興味を持つようになりました。エンジニア職としていくつかの企業を受けていたなかで、エンジニア同士がフランクで、職場の雰囲気がいいなと思い、CAMに入社を決めました。

 入社して1年半ほど経ったころにVAM Div.(以下VAM)に配属されたのですが、その異動が働き方を変える大きな転機になりました。
 
 それまでの自分の働き方は、チームの中の一員として、作業者の立場で働くことが多かったのですが、VAMに移ってからはチームのメンバーを回す役割をするようになり、コミュニケーションが大きな課題になっていました。
 
 どれだけ良いコードを書いても、コミュニケーションロスがあって全然違うものを作っていた、という経験もあります。チームで働くことで、コミュニケーションの重要性をより強く感じました。

「楽をしたい」が生産性を高める

 現在はVAMで「フロントユニット」という新しいグループのプロジェクトマネジメントと、Technology Initiative Centerという組織で、VAM全体の業務フローの改善を行っています。新しくて意味のある技術を取り入れて、社内でもとがったことができるようにしていこうとVAMの品質の向上に取り組んでいます。

 仕事で大切にしているのは、「楽をしたい」という気持ちです。サボりたいというわけではなく、ひとつひとつの作業の無駄を省いて効率的に取り組めるようにしています。
 
 例えば一つ仕事をやる時に、通常のやり方だと10のコストがかかるけど、工夫してやれば1のコストで済む方法がある。それならば、1のコストでやった方が無駄な部分を省くことでき、成果物のクオリティにも繋がります。毎回、手でデータ入力するんじゃなくて、プログラムを書いてシステム化するとか、どうすれば効率よく楽に運用できるかを考えています。

CAMにとってのベストを考えられるか

 福利厚生は、スキルアップ支援制度をよく利用しています。技術書はすごく高いので、補助してもらえると勉強する時のコストを気にしなくてよくなるので、とても助かっています。今後はソフトウェア購入系の福利厚生も取り入れるようなので、エンジニアのスキルアップに直接的に影響してくると思います。

 CAMは色んな事柄がカジュアルに決まったり、新しいものも柔軟に取り入れていこうという空気があります。その分、これはCAMにとって良いものか、他のところでは流行っているけど、CAMに合っているか。
 
 そこまで考えられる人が向いていると思います。それは技術的な面でもそうですし、ビジネスサイドでも。色んな状況を考えられる人、そういう人と一緒に働けるといいなと思います。

Entry

すべての挑戦者へ。
シーエー・モバイルは、新しい事へチャレンジし続ける
あなたの応募をいつでもお待ちしています。

New Graduate 2019年新卒採用
Career 中途採用