Tatebe
Dai
建部 大
Media Div.
取締役

2010年新卒入社
 

新卒から役員に。
大手では得られない経験と成長

「渋谷ではたらく社長」に憧れて

 大学生の時、それまで目指していた夢を挫折してしまって、途方に暮れている時期がありました。その時に出会ったのが藤田晋さんの著書『渋谷ではたらく社長の告白』。その本を読んで、起業家ってかっこいいなとシンプルに影響を受けました。そして、いつか起業して社長になろうと思うようになりました。
 
 いざ就職活動が始まって「市場成長分野」「裁量が大きい」「起業家を多数輩出」という三つの軸で会社を探し、ぴったり当てはまったのがサイバーエージェントグループでした。そのなかでもベンチャースピリットが強く、グループ内でも稼ぎ頭だったという話を聞き、シーエー・モバイル(以下CAM)への入社を決めました。

新卒から役員に

 起業を目標として、そのために必要な能力を養おうと一年目と二年目は営業の仕事をして、その後は新規事業の立ち上げメンバーとして、スマホメディアのプロデューサーになりました。結果的に事業は成功。立ち上げたグループはMedia Div.という事業部に、そして自分は役員に昇進しました。現在は役員として経営課題に取り組んだり、事業部の統括執行も兼務しているのでメンバーと対話しながら事業戦略を描き、意思決定などを行っています。

好調は不調の始まり

 役員になってよかったと思うのでは、新卒でも役員になれるという道を示せたこと。若手も結果を出せば認められるという実感を、皆が持つことができたと思います。また、それまでは事業の収益をひたすら追い求めていたのですが、役員になって会社全体の収益を考えるようになったのは大きな変化でした。
 
 事業責任者として感じるのは、「好調は不調の始まり」ということ。この分野は市場の流れがとても早く、柔軟な姿勢が求められるのですが、好調の時はそのポジションにあぐらをかいてしまいがちなんです。事業を動かす中でそういった局面を経験したこともあり、好調の時こそ身を引き締めて事業にあたるということは強く意識するようになりました。

大手では得られないリターンを全力でつかむ

 CAMを選んだ人は、大手とは違う世界を歩んでいく意思を持っていると思います。その分、リスクを背負って入ってくるのであれば、大手では得られない個人の成長や自己実現といったリターンを最大限得るべくやりきる。せっかくCAMに入ってきたのに、自分の力を出し切らずに普通に仕事をしているだけではもったいないです。当社は、結果を出せば認められる土俵があります。
CAMに入るからには、自分の持っている力を全部出しきる、やりきるということを意識して取り組んでほしいと思います。

Entry

すべての挑戦者へ。
シーエー・モバイルは、新しい事へチャレンジし続ける
あなたの応募をいつでもお待ちしています。

New Graduate 2018年新卒採用
Career 中途採用