Kinoshita
Marin
木下 麻鈴
FTO&アライアンスDiv.
プロデューサー

2017年新卒入社
 

挑戦することは、“人生を楽しむ最良の方法”

Q1.現在の木下さんの仕事内容について教えてください。

 占いサイトの運営をしています。

Q2.シーエー・モバイルへの入社を決意した理由(動機)を教えてください。

 面談時、担当していただいた方が、マニュアルどおりの受け答えではなく、私の進路を真剣に考え、応援し、さらに後押しをするアドバイスまでしてくださいました。会社の寛容さも感じましたが、入社している人の印象が良かったことが最も大きいです。

Q3.今までの人生で、木下さんにとって最大の挑戦とはなんですか?

 日々、挑戦なので、毎日最大を更新していきたいと思っていますが、仕事での私の最大の挑戦は、入社1ヶ月で初めて記事LP(ランディングページ)のディレクションを行い、数百万の売上を創出できたことです。現在は新規サイトの責任者という新たな挑戦をしています。

Q4.今まで経験した最も大きな失敗と、それをどう乗り越えたのかについて聞かせてください。

 2017年7月上旬にある占いサイトを担当し、2ヶ月で成長軌道に乗せて2倍の売上を出すことに成功しました。これにより、同年10月には最優秀新人賞を頂きました。しかしその後、思うような成果を出せなくなり、苦悩していたところ、トレーナー兼バディの高見さんに的確なアドバイスをいただき、問題点を明確にし適切な対策を講じることができました。自分でなんとかしようと頑張ってしまう方なのですが、周りの方々からお知恵を拝借することで早期に課題解決に繋げることができました。

Q5.シーエー・モバイルのミッションにおける、木下さんにしか出来ない挑戦とは何ですか?

 シーエー・モバイルのインターンで培ったSEMの知識や大学院で学んだマーケティングの知識をもとに、占いユーザーに響く企画を考え続けることですね。また、自分で出来ないことに対して、素直に他者にお願いし、チームで挑戦をしていくことも重要だと考えています。

Q6.木下さんが仕事において大切にしていることや譲れない思いを教えてください。

 大切にしていることは、ユーザー視点を忘れないこと。次なる突破口を見つけるため、日々新しい企画を考えることです。譲れない思いとしては、「失敗は自分のせい、成功はメンバーのおかげ」という思いを忘れずに仕事をしています。

Q7.挑戦し続けることは、木下さんにとってどんな意味がありますか?

 一言でいうなら、「人生を楽しむ最良の方法」です。もし挑戦をしていなければ、私は大学院にも行っておらず、この会社にもいなかったと思います。なぜなら、私は就活中に「自分にも会社にも嘘をつかずに入社できる企業に行く」という挑戦をしていたからです。この挑戦は、思ったより大変でしたが、結果的にシーエー・モバイルに入社する道を選択し、非常に満足しています。ここでは、自ら手を挙げればいくらでも挑戦させてもらえる環境だからこそ、入社後も挑戦し続けることができ、入社2ヶ月で、月間最優秀賞を受賞、半期ごとに行われる全社の社員総会では、半期最優秀新人賞を獲得するという結果に繋がったのだと思います。

Q8.最後にシーエー・モバイルへ興味を持っていただいている方へ、メッセージをお願いします。

 挑戦は1人では難しいかもしれません。ただ、ここには挑戦を認めてくださる寛容な人たちがいて、会社、組織としても挑戦したいという人たちを受け入れる体制が整っていると思います。人生一度きりです。一度挑戦をして、今いるステージから一歩前進してみませんか?

(公開:2017年12月)

Entry

すべての挑戦者へ。
シーエー・モバイルは、新しい事へチャレンジし続ける
あなたの応募をいつでもお待ちしています。

New Graduate 2019年新卒採用
Career 中途採用