Katsuki
Mayu
勝木 麻由
VAM Div.
ディレクター

2016年新卒入社
 

プロジェクトの全てに関わる仕事

クリエイター志望から一転、就職で広がった可能性

 高校生の頃からプログラミングやデザインをしていて、自分でコーディングしたものが徐々に形になっていく過程が好きでした。本格的にやろうと専門学校でWeb開発を学び、就職活動のときにクリエイター逆求人というイベントでシーエー・モバイル(以下CAM)に出会いました。Webのなかでも今後はモバイルの重要性がどんどん高まっていくと思っていたので、モバイル特化のCAMには強く惹かれました。
 
 応募する前はクリエイターになろうと思っていたのですが、プロジェクトの最初から最後まで関わる人になりたいという話を面接でしたところ、ディレクター職を提案してくださり、結果としてディレクターとして採用していただくことになりました。そういった視野を広げて適性を判断してもらえることにも魅力を感じました。

プログラミング経験が活かされた最適な仕事

 入社後はVAM Div.という、新卒で配属されることはまずないと言われていた部署で働くことになりました。プロジェクトのスケジュール管理や進捗の管理、エンジニアのアサインなどタスクの管理をするのが主な仕事です。自分でコーディングをしてきた経験はとても役立っていて、サービスの仕組みも早い段階で理解でき、工数の見積もりを出す際にも比較的スムーズにできたりと、自分に合った仕事だなと感じています。

 仕事をする上で特に意識しているのは、楽しくやってもらう、良い気分で引き受けてもらうということです。エンジニアの方にお願いする時は、人それぞれに合わせたお願いをしてみたり、場の雰囲気が和むように工夫しています。そうすると場の雰囲気も明るくなって、チーム全体がいい雰囲気になっているなと感じます。

厳しい時に「やってみます」と言えるかどうか

 今は社内で運営をする機会が多いので、今後はもっと前面に立ってクライアントと直接やり取りができるポジションにつきたいと思っています。
 
 目標は新人賞をとること、そして同期のなかで誰よりも先にグレードを上げること。そのために自分のできることやブランディングをしっかりして目標を達成できるようにしたいです。

 CAMで働くなら、チャレンジすることを恐れない人が良いと思います。仕事では辛くて逃げたいことに直面することがあるかもしれません。その時、いかにチャレンジしていけるか。すぐに「無理だ」「厳しい」と投げ出すのではなく、「やってみます」という言葉が出せる方のほうが合っていると思います。
 
 ここまでやっても誰も見てないだろうな、これ意味あるのかなと思う仕事もあるとは思いますが、どこかで誰かが見てくれています。意味があるのかと疑問をもって取り組むのではなく、きっといつか力になると思いながら取り組んだほうがモチベーションも維持できる。そういう意識をもっていると楽しく働けるんじゃないかなと思います。

Entry

すべての挑戦者へ。
シーエー・モバイルは、新しい事へチャレンジし続ける
あなたの応募をいつでもお待ちしています。

New Graduate 2018年新卒採用
Career 中途採用